短期で高収入が得られるコールセンターのバイト・派遣情報

一般的なアルバイトよりも高い時給で、しかも短期間で稼ぐことができるコールセンターのバイト・派遣求人募集をランキングから探そう。

コールセンターのアルバイト・派遣

コールセンターバイト・派遣ランキング

求人のサイトや広告で特によく見かけるのがコールセンターのお仕事。コールセンターでは製品の使用方法や顧客からの問い合わせなどの色々な質問に電話で対応しています。

 

コールセンターは会社の「カスタマーサポート」部署で行うものと、会社から電話をしてアポイントを取りつける「テレフォンアポインター」などがあります。

 

コールセンターのお仕事は時給が高く求人も多いのが特徴です。体力を要する仕事は無理だけど人と接するのは好きで苦にならないという方に向いています。初めてお仕事される方は不安に感じるかもしれませんが、コールセンターのお仕事は大抵事前に研修を行っていますので、安心して始めることができると思います。

 

当サイトでは人気のコールセンターアルバイト求人サイトをランキングで紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

高時給のコールセンターアルバイト情報を探すならこのサイト!

コールセンターでテレフォンオペレータ(テレオペ)やカスタマーサポートとして働くには

近年どれだけサポートやクレーム対応に対処できるかで企業の評価も大きく左右するといわれてきました。お客様相談室だけでなく、そのコールセンターの仕事は企業の顔ともいえる仕事です。直接ユーザーやお客様とかかわるわけですから大きな任務ですし、それひとつで大きく評判も変わってくるのです。このような重要な部署で働く場合、特に注意しておく点として何があるでしょうか。

 

[仕事の内容はどのような形?]
仕事を選ぶ際にもちろん待遇や賃金は気になりますが、コールセンター会社の内容も把握しておかなければなりません。自分に合った職種でまた成長できる業務であるかをまず確認しましょう。

 

1.電話の応対先は法人と一般消費者とどちらだろうか。
2.その会社が取り扱っているサービスや商品はどのようなものだろうか。

 

一般的に言って精神的なタフさが求められるのは一般消費者とのやり取りと言われています。相手が法人のほうが易しいといわれています。(人によって違いもありますが)

 

また、企業の大きさはどれくらいだろうか、ほかの部署と調整しながらまた一緒に進めていく仕事だろうかを考える事も必要です。なぜなら大きな企業の場合だと待遇が整えられていて、施設の完備が良かったり研修制度がありバックアップ体制が整っていたりするからです。

 

[雇用形態]
コールセンター業務の雇用形態はおおむね派遣社員、契約社員、アルバイトです。通常初めてコールセンターで働くときはアルバイトや派遣、契約のことが多いようです。経験者の方は正社員で採用されたり、スーパーバイザー(SV)から正社員へ登用されることが一般的です。

 

また大企業で働くことを望まれる場合は、募集先を選ぶ際に派遣社員で探しましょう。学生さんや副業として働くことを望まれる場合は、アルバイトのほうがよいでしょう。シフト制がほとんどですので希望する時間帯に就くことができます。たとえば夜間のみなどでも勤務することができるでしょう。

 

私の場合、駅の近くのレンタルオフィス内のコールセンターで働きました。シフト制をうまく利用して自分の都合の良い時だけ勤務にしてもらい長く働くことができました。

 

コールセンターの待遇は比較的良いといえます。大体一時間1200円〜1600円程度です。さらにマネージャーやスーパーバイザーなどコールセンターを管理する立場になればさらに時給アップが望めます。アルバイトや派遣社員、契約社員から正社員へとステップアップすることもできますから、勤務する際にはその会社のシステムをよく理解しておくことが良いと思います。

 

またコールセンターは女性が多く活躍する職場です。実際クレーム処理の際、女性のほうが冷静に応対できるということで女性が優遇されている職場です。セミナー制度もありますので、受講して職場でさらなる働きができるようにスキルアップを目指しましょう。

 

[スタッフへ配慮]
お客様との直接の窓口としてコールセンター業務は大切な役割でありやりがいのある仕事です。しかしその反面、ストレスを感じることも多いでしょう。どの会社でもこのコールセンター業務というのはやりがいや責任もあり、苦労も伴います。しかし、会社側の待遇や気配りでスタッフの働きやすさやモチベーションにも大きな差が出ます。

 

社内にリフレッシュコーナーがあったり、ストレスを解消したり、気分転換のための休憩室や息抜きができるような配慮があればよい雰囲気といえるでしょう。またちょっとした声掛けや心遣いがあれば働く側も気持ちよく仕事に取り組むことができます。