1ヶ月間割高の時給でコールセンターのお仕事を体験

テレオペ・テレアポなどのコールセンター内でアルバイトを経験した事のある人から寄せられた体験談「喉のケアが大切」という意見を詳しくガイド。

コールセンターバイト・派遣情報

喉のケアが大切

インバウンドにしろ、アウトバウンドにしろ、コールセンターで働く上で、最も気をつけてケアしなければいけない体の部分は言うまでもなく「喉」です。とにかくコールセンターのオペレーターはしゃべることが仕事ですから、勤務時間中は常に声を発し続けています。

 

私の経験ですが、例えば実働8時間勤務でずっとしゃべり続けた場合、だいたい3日目の勤務が終わった時に、声が枯れてしまいます。水を飲んだり、小休止をとったり、プライベートであまり喋らないようにしても、そこは人の体ですから、限界というものがあります。

 

ですので、勤務体系が仮にシフト制の場合は、4連勤以上にならないように私はお願いをしていました。つまり、よくある月〜金仕事をして、土日連休というサラリーマンタイプの働き方は、コールセンターに適していないと思います。

 

2,3日働いたところで1日休みを入れないと、体というか喉が耐え切れなくなってしまうからです。そして、少しでも喉をいたわるため、こまめに水分補給をすることが必須です。

 

冬の勤務時は乾燥対策のため加湿器が必要不可欠ですし、風邪を引かないようにしっかりうがいをすることも忘れてはいけません。このようにコールセンター勤務で大切なことは、しっかり喉をケアすることなのです。