1ヶ月間割高の時給でコールセンターのお仕事を体験

テレオペ・テレアポなどのコールセンター内でアルバイトを経験した事のある人から寄せられた体験談「コミュニケーションの場でもあるコールセンター」という意見を詳しくガイド。

コールセンターバイト・派遣情報

コミュニケーションの場でもあるコールセンター

私がコールセンターのアルバイトをしていたのは大学を卒業してすぐでした。そこの会社はコールセンターと通常業務が同じ割合であるような業種であり、私はコールセンターの業務を行いながら通常業務もこなしていました。

 

ちなみに業種はIT系で、ネットに繋がらないときなどにお問い合わせいただくコールセンターでした。とにかく何が大変かというと、お客様は何かと「壊れた」を連発されるので、まず、目的にたどり着くまでが大変でした。

 

若い方であればそうでもないのですが、高齢者の方だと必ずおっしゃるのが「何もやっていないのに壊れた」というもの。何もやっていないはずはないので、詳細に道筋をたどるのですが、「壊れた」と「直してくれ」の一点張りなお客様がいらっしゃるのには辟易しました。

 

そのために、会社ではきちんとしたマニュアルがあり、私が心がけたのは「ゆっくりと話し、相手の話を聞く」という、ごく当たり前のことでした。こちらは知識もあるので、知識に乏しい方の話を遮って話をするのは簡単なのですが、それではコミュニケーションが取れないので、まず、相手の話を全部聞いて、その上でこちらの要求を伝えることにしていました。

 

コールセンターとはコミュニケーションの場でもあるので、きちんとしたコミュニケーションを取れなければ、対人相手ですので、勤めあげるのは難しいです。ちなみに私はそこの会社でトップの成績を上げ、アルバイトながら表彰されました。